ISO27001で情報の管理を見なおそう|完璧セキュリティ

パソコン

メディアを粉々にする

ネットワーク

機密文書を処理する場合は、情報が分からないようにしっかりと処分を進めていくことが必要になります。DVDやCD、MOなどのメディアを破砕機に掛けて粉々にしてくれるので、情報漏えいをしっかり防げます。

» 詳しくはこちら

編集や保存などが行える

オフィス

文書管理ソフトがあることで社内での文書の共有が容易に行えるようになれます。特にクラウド型が人気であり、コストや導入のしやすさで多くの企業から評価されているサービスです。

» 詳しくはこちら

異常を検知してくれる

パソコン

SIEMを道入することで、システムの異常を感知して知らせてくれます。異常な状況についてデータ化を行い、視覚で分かりやすく状況について把握しておくことが出来ます。リアルタイムで作動するので安心です。

» 詳しくはこちら

規格に沿って構築する

ネット

ISOには様々な種類があり、品質マネジメントシステムや環境マネジメントシステム、食品安全マネジメントシステムといったものがあります。それぞれが規定しているシステムを構築しておくことによって、国際的にマネジメントシステムを証明することが出来るのです。ITの業界では特に情報が漏えいしないように対策を進めていくことが必要になります。このような場合は情報セキュリティマネジメントシステムを取り入れているISO27001の取得が必要になります。ISO27001とは情報漏えいの他にも、盗まれないようにする為の対策を立てる事に役立てられます。取得するためにも社内の情報の状況について調査を行い、必要なマニュアル類や帳票類を作成しておく必要があります。ISO27001取得の為のマニュアルも必要になるので、どのようなマニュアルを読むのかについて決めておくことが必要になります。

ISO27001のマニュアルには様々な種類があるのですが、効率よくシステムの構築を進めたいという場合は分かりやすいタイプの物を選んでいくことが必要になります。ISO27001の事について理解し易いようにコンパクトにまとめられている物もあるので、これらを活用しておくことが大切になります。多くの情報について頭に入れ込もうと分厚いマニュアルを選ぶという人もいますが、理解に時間が掛かったり、後継者への引き継ぎが困難になってしまうこともあります。ISO27001を社内でしっかり共有出来るように分かりやすいタイプを選んでおくと、更に情報セキュリティマネジメントシステムに対する理解を社内でしっかり広げていくことが出来るようになるのです。時間を無駄にしないようにISO27001を有効的に役立てられるよう工夫を行って導入を進めていくことが必要になります。

Copyright© 2015 ISO27001で情報の管理を見なおそう|完璧セキュリティAll Rights Reserved.