ISO27001で情報の管理を見なおそう|完璧セキュリティ

システム

メディアを粉々にする

ネットワーク

機密文書は漏えいすると様々な被害を被ってしまうことがあります。このような状況を回避していくためには、処理の方法について見直していくことが必要になります。機密文書を代わりに処理してくれる会社は沢山あります。処理をしっかり行って機密なデータは第三者に渡らないように対策を行っていくことが大切です。CDやDVD、MOなどのメディアに機密データを入れているという場合は、破砕機に掛けて粉々にしていきます。粉々にしておくことでデータの読み取りを不可な状態に変えていくのです。メディアの中に含まれている大切な文書データをしっかり処理していくことが出来ます。また、粉々にしたメディアはリサイクルされるので地球にも優しいといえます。業者によっても処理の方法も変わるので、これらの情報を踏まえて選んでいくことが必要になります。

機密文書の処理を依頼するという場合は、評判について把握しておくことが必要です。管理で重要なのが全て業者のうちで処理が行われているかどうかということです。他の会社へ委託を行っているという状況であるとその先で情報が漏えいするというリスクも発生します。このような状態に陥らないためにも管理を自社内で行ってくれるところに依頼しておくことが大切です。そのことによって機密の文書を安全に処理してもらうことが出来ます。他にもPマークを取得しているかどうかについてもチェックが必要になります。個人情報の保護を徹底しているかという基準を満たしている証なので、Pマークは重要な存在であると言えるでしょう。機密文書の処理を安心して委託出来る業者を見つけて利用していくことから肝心になってくるので、複数の業者のサービスを比較しておくことが必要になります。

Copyright© 2015 ISO27001で情報の管理を見なおそう|完璧セキュリティAll Rights Reserved.